榛原誌

榛原トリコ・夜・芯etc…榛原たちの湘南暮らし

シナリオライター/文筆家/お仕事の依頼はtoriko.haibara@gmail.comまで。


日記

4月17日

曇り。 朝、江の電から見える海は凪いでいたが、午後になるにつれ風が出てきてなんだか寒く、お店の暖房をつける。 このところの異様な眠気が起きないのは、気温が一定だからか、働いていて気を張っていたからなのか。 それとも昨日がんばって、砂糖を使った…

4月16日

朝起きるとノートルダム寺院が燃えていた。 一瞬災害かテロかと思ったが、工事によるものらしい。 フランス大統領が、真っ先に、寄付を全世界から募ると言ったことが新鮮だったし、きっと世界はそれにすぐさま応えるのであろう。日本ではこうはいかない。ま…

4月15日

最低気温は13度、最高気温は23度。 外では太陽光とその照り返しが強く、家の中はひんやりとしていて、気温差で激しい眠気。寝ても寝ても寝ても眠くてなにも出来ない。 ホルモンバランスなのか、季節のものか。春が終わらないとわからない。 日陰に入るたびに…

4月14日

2時に目が醒めてしまって、そこから眠れずとうとうそのままアルバイトに行くことになった。 海は南風で波をたて、灰色と群青の合間。 鎌倉は「鎌倉まつり」で、源頼朝や北条政子が歩いている。 店の前を弁慶が通りかかって、店内にいた外国人の子が目を丸く…

4月13日

いつものバッグを修理に出しているので、夫がテキサスから買って帰ってきた丈夫な大きい帆布のバッグを持って出た。また持ち手が千切れても困るので、弁当、水筒、スープジャーはトートバッグで手持ちで運ぶ。 今日の弁当は、ホットサンド。 加減が難しく、…

4月12日

朝を夫にまかせて眠っていると、娘が髪を結んでとやって来たので、ママも支度していっしょに出ようかなと言うも、少し遠慮がちに、「あ、でもパパが出る時間にいっしょに出られそうだから」と、私の支度の遅さを見越して断られたので、そのまままた布団にも…

4月11日

朝、夫にまかせて眠りたいだけ眠り、ガソリンを入れてバッグを修繕に出しに行き、パン屋でブランチしながら英語と中国語の勉強をする。 今期取り組んでいるのは、ラジオ英会話、英会話タイムトライアル、テレビのSNS英語術、テレビで中国語、ラジオまいにち…

4月10日

雨。寒くてダウンコートを引っ張りだす。一日中眠くて仕方がない。 江の電は4分ほど遅れて運転していた。 久しぶりの着付けバイトだったが、娘が家の鍵を忘れて登校したことに気がつき、娘が帰宅するより早くあがらせてもらうことに。 担任の先生から夫のと…

4月4日・5日・6日

4月4日 娘の春休み最終日。 せっかくなので、書斎の片付けを続ける。 娘はその傍でリュウグウノツカイを絵の具で描いていた。 最寄りの図書館が工事で閉館したので、市民図書室なるところに自転車をこいで行ってみる。こじんまりしているが、いい感じの書籍…

4月1日・2日・3日

4月1日 千葉の田舎、母方のお墓のあるお寺の桜はもこもこに満開で、語感的には日本語の「満開」よりも、「full bloom」のほうがしっくりくる。 おじいの墓を参るといつもやたらと日光が私たちを照らしてくれる。イトコと娘と3人で墓参りをすませて、相変わ…

3月29日・30日・31日

3月29日 江の電から見える海は凪いでいて、呼吸する大きないきものの皮膚のよう。 妹に、父の様子はどうかと連絡すると、「あ、お父さんのこと忘れてた」と返信。妹は卒園アルバムの制作にきりきり舞いをしているのだ。 今日で13年間通い続けた保育園が終了…

3月26日・27日・28日

3月26日 雨。首に猫を巻きながら15時間眠ってしまう。 雨のせいにして夫は会社に出向かない。 雨もあるだろうが、今日から娘が春休みで、私も休みで、そののんびりした家の中の空気にあてられて、ぐずぐずと行きたがらないのだろう。 あ!と声をあげて、娘が…

3月23日・24日・25日

3月23日 最近娘に図書館に行く?とたずねると、いい、と言われることが2度ほどあって、おや、と思っていたのだけれど、どうやらマンガを一冊なくしてしまったらしい。 ひどく散らかっている部屋を、片付けながら探していく。 こんなに部屋が散らかっている理…

3月20日・21日・22日

3月20日 明方、私はうなされていたらしい。 そらうなされもするわと思いながら、もう給食がないので、私と娘のお弁当にオムライスを作って重たい身体を引きずって着付けのバイトに行く。 とても暑い一日でかつ忙しく、汗で髪の毛がどんどんくるくるしてしま…

3月19日

妹から入電。父が、再び倒れて救急車で運ばれたという。 え、昨日、退院の話を聞いたばかりなのに? 一週間経たずにまた入院??? 今回も運がよく人目のあるところで、歯医者に入ろうと階段を登っている途中に気分が悪くなって嘔吐し、そのまま起き上がれなくな…

3月17日・18日

3月17日 晴天であたたかく、バイト先の屋上で、風に揺れる真っ白な洗濯物の長襦袢群に囲まれて弁当を食べる。 今日のお弁当は、手羽中とピーマンと茄子のオイスターソース煮で丼。 前に多めにお弁当として作ったものを一人分だけ冷凍しておいたのだ。 夫と娘…

3月16日

夫が昨夜の洗い物をしていないとか、娘が夫にぐずぐず文句たれていたとか、そんなイライラゴタゴタした中でがんばって作った弁当と水筒を家に忘れてバイトに出かけてしまう。地味にダメージ大きい。 休憩時間になって、携帯に娘から入電があったことに気づく…

3月15日

24時間以上眠っていないことになっていた夫だったが、寝付いても1時間に1回起きてしまったということで、今日は会社を休むことにしたらしく、朝寝を終えたら洗濯物部屋干ししてコストコに行ってもらうようお願いし、私はバイトに出かける。 簡易スタジオ内で…

3月14日

仕事中、娘から電話が入っていたのでなにごとかとかけ直すと、 「パパが日本についたって」と教えてくれた。 私にも夫からのLINEが入っていたのだけれど言わず、そうなんだねー教えてくれてありがとう、でもママ仕事中電話でられないからメールにしてね〜と…

3月13日

朝起きても、瀧の逮捕は夢ではなかった。 虚無感だろうか、私は驚くほどなんの感情もなく、ただ猛烈に疲労を感じていた。 高1だか中3だか、電気グルーヴの前身バンドである「人生」の録画ビデオを私に見せてくれた友人に声をかけようかと頭をよぎったけれど…

3月12日

ポップコーンを食べた翌日はいつもお腹の調子が悪い。たぶん消化不良なのだ。 春休みがにじり寄って来て、バイト先の着物レンタル屋は予約がいっぱい。 終わるまでなにも食べることができずにおなかを空かせて帰宅すると、ランドセルが空いたまま床に転がっ…

3月11日

強風の中、雨粒がたまにパラパラとばらまかれている。 ぐるっと1周ウォーキングから戻ってきた頃には空は晴れわたり、気圧の変化に体がついていかないのか、腹痛だったりひどい眠気に襲われたり。 ソファーに横たわりながら読書をしたが、寝そうになったので…

3月10日

夜更かししていたら、きっちり朝寝坊をしてしまった。 起きると、娘は宿題とドリルを終えてTVを見ていた。 5つのドリルのうちのひとつが、ほぼ全問間違えているものがあって、まず本文を読み直すように言うと、へらへら笑ってドリルを抱え、ちょっと…と言っ…

3月8日

今日から1週間テキサスに出張の夫が、5時半に家を出ると言うので早起きをして車で駅まで送ってあげる。トランクからトランクを取り出して、行ってきますもありがとうも言わずに夫は片手をあげて行ってしまった。気持ちがはやっているのだろう、だがしかし、…

3月7日

マスクをしていると、唇の動き込みで話を聞いている人が一定数いることがお客さんに説明する日々の中でわかった。 何が言いたいかと言うと、マスクをしていると、話が頭に入らない人が一定数いるということだ。興味深い。 鎌倉にて、私服の男の子グループは…

3月5日

今日は花粉がすごい、と言い交う人々の中、私の症状は落ち着いている。 ようやくザイザルが身体に浸透しはじめたのだろうか。 先日まで毎日投与していたステロイドの点眼も、今は耳鼻科からもらった目薬で済んでいる。 着物レンタルのお店には、ここのところ…

3月6日

松尾スズキ著「もう「はい」としか言えない」、宮部みゆき著「ぼんくら」読了。 前者、表題作が面白かった。とくに冒頭。一気に最後まで読んでしまう。 後者、絶対に発売当時読んだはずだが、まったく思いだせないので読んだ。次第になんとなーくうっすら思…

3月4日

雨。沈丁花香る。 妹が先生に聞いてきた話によると、父の血液内にばい菌が入りこんだらしい。詳しい事はよくわからないが抗生剤だかで養生しているらしいとのこと。 病室の父は、いやあ今度ばかりはダメかと思ったよと笑っていたという。 「何しろ、3日も意…

3月3日

雨のひな祭り。 犬の如く「待て」であった娘、ようやくひなあられにありつく。 バイトに出ている私の代わりに、夫と娘は海鮮ちらしと、道明寺を買いに行く。国道はひどい渋滞で、早ければ20分、混んでいて45分の道のりが、片道1時間半かかったという。 ポケ…

3月2日

家族で東京ドーム、巨人対ヤクルトのオープン戦を見に行く。 先発投手は菅野対小川。オープン戦にも関わらず、東京ドームはほとんど満員だった。 娘は本当は、野球かサッカーを習いたい。当番だのと親の仕事が多すぎて、休日全てがつぶれてしまうことも辛す…