榛原誌

榛原たちの湘南暮らし/お仕事の依頼はtoriko.haibara@gmail.comまで

シナリオを担当したパズルゲーム 「ハローキティとまほうのおもいで」がリリース!




2月28日、3月1日

2月28日

「グレイテスト・ショーマン」を観る。

さんざん流れている予告ですっかり私は「ラ・ラ・ランドの製作チームで贈る…」が監督含むと勘違いしていて、観ながら、いったいどうしたのチャゼル?と頭がクエスチョンマークでいっぱいになっていたが、見終わってからわかったのだが、「ラ・ラ・ランド」の製作チームとは、音楽のことだけだったので驚いたし納得もした。

映画は、中学生が観たら大感動するだろう、というような内容で、伝記らしさが満載だった。ショーと象はいつも良かった。ショー部分だけをDVDで何度も観たい。曲も良かった。生でこのミュージカルを観たら大感動しそうでもある。しかし、内容が、ミュージカルとしての組み立て方が、あまりにもスタンダードすぎた。なんだろう、IMAXで観ているのに、臨場感が薄い。煽られない。なぜ。

そして私は若かりし頃のザック・エフロンが大大大好きで、久々に彼のミュージカルが観られる!しかもベンジ・パセック&ジャスティン・ポールの楽曲で!!!!!と大興奮して臨んだIMAX2Dであった、のだが…。「ダーティ・グランパ」のカラオケシーン(あまりにうますぎて、あんたほんとにそれ素人なの…?と言われるザック・エフロンいじりなだけのどうでもいいシーン)の方が感動した(あの映画を見に行くほど好きだということだ)。そのことがかなしかった。

江の電で、目の前に座っていた男子学生が、「グレイテスト・ショーマンはぜったい観たほうがいい、ちょー感動する」と友だちらに言っており、「ラ・ラ・ランドの監督の人のやつだよ」と言っていたので、ほら!!と思ったし、夫に「あれ、監督ちがったよ」と言ったら「ちがうの!?」と驚いていたので、けっこうたくさんの人が誤解したと思う(そしてあの学生のように見終わっても誤解したままのひともけっこういるのかな…)

 

3月1日

「15時17分、パリ行き」を観る。本当にあった話は苦手だ。けれどタイトルがすごく良かったことと、いかにして困難を脱したのかが知りたくて観る。

電車の中のシーンが主なのだろうと思っていたのだが、電車に乗るまでのシーンが9割の映画だったので驚いた。

なぜ、この3人組はずっとコミュニケーションがシャイなのだろう、なるほどいじめられっ子だったからそれを表現しているのか…などと納得していたら、見終わってから犯人以外の乗客・救護・乗務員などとにかく全員が、本人役で出ていると知って、飲んでいた水を吹き出しそうに。そんなことって…。それって映画…なの?

途中から日本の2時間サスペンスドラマみたいな、ただただ名所などを楽しんでいるシーンが流れ、謎の構成…と思っていたのだけれど、単に、事実に忠実だっただけなのだとも知る。

映画とはなにかをとても考えさせられた。映画とは、なんなの?