榛原誌

榛原たちの湘南暮らし/お仕事の依頼はtoriko.haibara@gmail.comまで

シナリオを担当したパズルゲーム 「ハローキティとまほうのおもいで」がリリース!




5月20日

ハルガヤ、カモガヤの花粉がひどい。目玉が痛がゆく、まぶたを閉じて出て来た涙が周囲にしみる。くしゃみと鼻水も止まらない。観念して夕飯の後に薬を飲んだが明日の眠気具合が心配だ。

 

娘と夫は、Nintendo switchでゲームをしたり、将棋をさしたり、図書館で予約した「かいけつゾロリぜったいぜつめい」を取りに行ったりしているようだった。

私は娘のマスクとハンカチを作り、花粉にやられて横になったり、買って来てもらった新聞を読んだ。

日大アメフト部の監督が辞任した記事を読みながら、夫が先日電車内で見たという日大藤沢野球部の子たちに想いを馳せる。男の子たちはため息まじりに、「ほんと肩身が狭いよ」「俺らとばっちりだよ…」と嘆いていたという。視線がくるのだろう、道具入れの鞄には、大きく「日大」と書かれているのだ。

 

昼食に、オーブンの自動調理機能で作った、チキンとズッキーニとジャガイモのソテーを出した。それとトーストした食パンを一口サイズに切り分けて、味噌とカレーのスプレッドを塗ったものを。

夫と娘は、鶏皮がパリパリしていることをいたく気に入ったようで、ずるい!取らないで!など言い合い、自分の分を手でガードしながら食べていた。