榛原誌

榛原たちの湘南暮らし/お仕事の依頼はtoriko.haibara@gmail.comまで

シナリオを担当したパズルゲーム 「ハローキティとまほうのおもいで」がリリース!




たねや 氷室

f:id:haibaras:20180601183133j:image

6月1日は賜氷節というのだそうで、今日だけの限定品、たねやの「氷室」。

たまたま通りかかったので購入してみました。以下たねやのサイトでの賜氷節の説明。

『枕草子』や『源氏物語』に見られるように、平安時代にはすでに氷をつかい涼を得ていました。
当事宮中で用いられた氷は、周辺の山にもうけた氷室からの献上品。冬に切りだし、氷室で夏まで保存された氷はたいそう貴重なものでした。普段は天皇や貴族だけが楽しめた氷も、六月一日の賜氷節には、「この日に氷を食べれば夏痩せしない」との言い伝えから、群臣にも氷がふるまわれたと言います。
夏を健やかに過ごしたいとの願いは市井の人々も同じ。
宮中とは違い氷を手にすることもできない民間でも、六月一日に氷を模したお菓子をつくり、無病を願っていただくようになりました。
氷が貴重だった頃にうまれた氷のお菓子。「氷室」は三角の羊羹を氷に見立て、白みそ風味に仕立てた道明寺を外郎生地で包んだ歳時菓子です。

 

f:id:haibaras:20180601183139j:image

白みそ仕立ての道明寺をつるんとしたもので包んである和菓子。

上に赤い羊羹が乗っています。

不思議な食感でした。和菓子好きの娘は2個食べていた!

 

taneya.jp