榛原誌

榛原たちの湘南暮らし/お仕事の依頼はtoriko.haibara@gmail.comまで

シナリオを担当したパズルゲーム 「ハローキティとまほうのおもいで」がリリース!




6月13日〜21日

iPhoneが初期化して気づいたのは、なんて子ども関係のアプリケーションが多いのだろうということ。幼稚園時代のものや、学童、習い事など、出欠席や写真などで指定のアプリをダウンロードさせられている。その都度だったので大して気にならなかったが、全て消えると再び設定し直すのが大変だ。とくにセキュリティの高いものは、IDが渡されたものしか使えず、それがどこに行ったのかわからない。

ポイントカードのアプリも多かった。そしてここでもまたパスワードをまちがい続けて凍結してしまったりで、次第、私が本当に私本人であるということは…など哲学的な方面に思考が逃避した。

 

猫は、日々の投薬と点滴のおかげで、血液検査とエコーの結果、問題なしだった。

しかし前回ここで薬をやめて再発したので、今回は3ヶ月ほど様子を見ながら薬を続けてみようということになった。皮下点滴はなし、薬も1種類のみ2日に1度となった。体重は退院時と同じで3.4kg。

 

 

週末は今年もやついフェスに行った。

最前列で見た栗コーダーカルテットがすばらしかった。生のピタゴラスイッチのテーマはすごかった。

そして、ザ・クロマニヨンズをはじめて見た。見たといっても、人垣の隙間からだったのだが、私はほんとうのロックスターを見た。ステージをはねまわるヒロトはあまりにも、私が知っているヒロトで、ザ・クロマニヨンズで、3Dの映像を見ているようだった。知っている曲がほとんどないのに、ぐいぐいぐいぐい、直球の曲がものすごい吸引力を持って私たちを吸い込んで行く。両隣の若い男の人と、おじさんが泣いていた。

私と友人は、それまで、こじらせ系についての悩みを語り合っていて、彼らは全員クロマニヨンズのライブに行ったらいいんだというひとつの結論に達した。

 

平日の朝、豆乳と野菜ジュースだけにすること、新聞を読むことは続いている。

読売新聞の営業が来たが、今買っている新聞があるので、と断ると、何度違うと言っても「朝日ですか?」と聞かれた。そんなに朝日を取っている風なのだろうか。

 

娘と今年の梅干し用の梅を5kg仕込んだ。染みや傷のあったのは今年はたった5粒だけで、ジャムとして煮て、梅ジュース分には至らなかった。