榛原誌

榛原たちの湘南暮らし/お仕事の依頼はtoriko.haibara@gmail.comまで

シナリオを担当したパズルゲーム 「ハローキティとまほうのおもいで」がリリース!




6月29日

娘と早起きをして、録画しておいたワールドカップ予選日本対ポーランド戦を観る。

サッカーはほとんど観ない私だが、娘が試合を観たがり、録画したものを2日に分けて観たセネガル戦が面白かったので、今度は試合結果を見ずに観てみよう!ということになったのだった。

試合内容は、セネガル戦に比べてつまらないものだった。早起きをした甲斐のあるプレーは観られなかったが、決勝に行けることはすばらしいことだし、また試合が観られることを、娘は単純に喜んだ。

 

セネガル戦より、娘はすっかり金髪の長友の虜だ。

学校へ行く道すがら、娘は、自分の名前と長友の名前を使って恋占いをしていた。

「アイ、ラブ、ジェイ、ケイ、デート、キス…」と指先と指の股を数えていく。次第に黙りこくったので、結果が出たのかな?と思い、どうだったか聞くと、いいたくない…ともじもじしている。キスって結果かな?と思いつつも、なんで、教えてよ〜とねばると、ジェイだった、と言う。ジェイはなに?と尋ねる。

娘は叫ぶ。「ジェットコースターで別れ別れ!!!」

そんな結果!!

そっか〜残念だね〜と言うと、今度はまた誰かと相性占いを始めた。

「Kだ…」と呟く娘。

「Kって?」

「どっちかが警察に捕まって別れ別れ!!!!!」

「結婚とかじゃないの!?」

その後は、仲の良い女友達との占いを何人もして、全て、ラブ、とかアイ、とか出ていたのでくねくねと照れていた。

 

歳時記の、夏の版を購入する。こんなに情報量が多くて1000円。安い。逆引き古語辞典は2000円したので、来月買うことにした。

季語を手に入れた私は、ようやく俳句を詠むことに成功。史上初の6月の関東梅雨明けについて、粘土を前にした幼児の如く、こうかなああかなと、目に見える、感じるものをいくつも詠んだ。