榛原誌

榛原たちの湘南暮らし/お仕事の依頼はtoriko.haibara@gmail.comまで

シナリオを担当したパズルゲーム 「ハローキティとまほうのおもいで」がリリース!




8月1日

夏休みに入って、はじめてなんの予定もない、娘と二人きりの一日。

娘は6時前から起きて遊び倒す気まんまん。しかし私には仕事がある。昨日、学童に行っている間に終わらせたかったが終わらなかったのだ。

自営と一人っ子の夏休みの一騎打ち、本番、といった感。

 

起き抜けにマンガを30分ほど読んでいた娘に声をかけ、まずはいつもの娘のルーチンがはじまる。

着替え、新聞を取りに行き朝顔の水やり、洗顔と皮膚科のクリームを塗る、新聞をざっと読む、塾の宿題、新聞を読みながら朝食、歯磨き、夫とゴミ捨て(そのまま夫は出社)。

 

戻って来て、学校の宿題ドリル(国語はひらがなを丁寧に書かされるものなのでそれだけで30分かせげる)、絵日記(昨夜の火星について)、たまっていた新聞のスクラップ。

全部終わって「あとは今日は遊ぶだけ!イェーイ!!」と言って、私と同じ部屋で本やマンガを好きなだけ読む。

 

「ママと遊びたい」と言いだしたのが11時。

仕事は当然終わっていない。

 

お昼ご飯に作ろうと思っていたサンドイッチの材料、子ども用のまな板と包丁を出し、ランチを作ってとお願いする。嬉々として取り組む娘。その間に仕事。

できたよーと言われ、食べやすい大きさに私が切って、二人で食べる。

食後はSwitchやっていいよと言い渡し、マリオカートのネット対戦を1時間半ほど。ようやく原稿終える。

 

二人で自転車をこいで、図書館へ。借りていた本を全部返し、予約していた本を受け取り、更にまた新しいマンガと本を借りる娘。

バニラアイスを買って、家でバナナチョコサンデーをおのおの作り上げ、おのおののカメラにおさめ、おのおの食べる。

 

娘、畳の部屋で寝転んで、借りてきたマンガ、本を読む。

その間原稿の見直し、修正、入稿。

 

17:30になり、夜のルーチンが始まる。

 

台所に立っていると、娘がうしろからお尻に抱きついてきて、ほんとうはママといっしょにあそびたかった、と言う。「リカちゃんの服をいっしょに作りたかった」

ママも作りたい、と私も言う。本音。こんど、しごとのない日にやろう、とお尻を振って、娘をふりほどく。娘は笑ってぶうぶう言って、しがみつく。

 

娘がいても、原稿を入稿できたことはとても自信になった、けれど、週に一度が限界な気がする。みんなどうしているのだろう。ふつうにがっつり学童に入れているのだろうか。

とにかく今年の夏がいちばん大変なはず、ここを乗り切れば、来年からは子どもだけで学校のプールも行けるし、少しずつ、友だちと外出するだろう。

学校の宿題が、一気にはやれないものがいろいろあって、本当に助かっているが、そのカードもあと、少ししか残っていない。どうしよう。