榛原誌

榛原たちの湘南暮らし/お仕事の依頼はtoriko.haibara@gmail.comまで

シナリオを担当したパズルゲーム 「ハローキティとまほうのおもいで」がリリース!




1月31日

市ではじめてのJアラートの訓練日。30分前に、鉄塔に括り付けられた、4つのスピーカーからその案内が流れる。

これは、訓練です、これは、訓練です、と繰り返す、そのスピーカーを、難しい顔をした私が見上げ、その私とスピーカーの間にいた川鵜が、尻をひょいとあげて、ビュッと糞を川に落とす。これは、訓練です。スピーカーが繰り返す。

 

オンライン英会話のスタートと、アラートが鳴る時刻が同時だったので、開始早々私は先生に驚かないよう説明しなければならなかった。先生は興味津々の顔で、私たちは耳をすました。しかし、拍子抜けするほど小さな音で、画面の向こうの先生には音は届かなかった。本当に鳴ったの?と先生が聞く。「たぶんね、でもこれじゃ私、ミサイルが来ても気づけないわね」と私。

  

オンライン英会話は明日から新システムに変わる。私の現システムでの契約は、来週頭まで残っている。

先生が、私は明日から新システムに移動するの、だから今のシステムのあなたは私を予約することはもうできない、あなたは新システムになってもレッスンを続ける?と聞かれ、思わず「もちろん!」と言ってしまう、本当は新システムでまた値上がりをするから迷っていて3ヶ月値引きがあるからとりあえずやるって感じなんだけど、先生は最後の残り数秒を使って「あっちで待ってる、待ってるからね!!」と手を振って、ブラックアウトした。

 

娘、注射、4回目にして泣く。はじめて泣いたね、と言うと、「はじめてじゃない!!」と泣きながら怒る。

 

夕食後、寒気なのか寒いのかわからないがとにかく寒くて、娘よりも先に布団に入り、携帯を見ると、今夜は月食なのだと知る。

娘が寝た後で、身体にブランケットを巻き付け物干し台に出て、赤銅色のスーパー・ブルー・ブラッドムーンを見上げた。恐ろしかった。