榛原誌

榛原たちの湘南暮らし/お仕事の依頼はtoriko.haibara@gmail.comまで

シナリオを担当したパズルゲーム 「ハローキティとまほうのおもいで」がリリース!




9月2日

娘、夏休み最終日。

 

かねてより落語を観てみたいと言っていた娘のために、子ども用の寄席を観に、深川へ。

いつも子ども向けの落語の本や、Eテレの「えほん寄席」、そのCDブックで落語を聴いている娘だけれど、落語家が話しているところを観た事がない。そのせいか娘はこの前まで、落語は複数人でやっているものだと思っていた。ひとりだからすごいんだよ、と、私のほうも、子ども用の落語会があったら観に行かせたかったのだ。

 

深川で落語だなんて、これはもう着物でしょうと思ったのだけれど、雨だったので断念。

劇場はたまたま母の墓から徒歩で行ける場所だったで、まずは家族で墓参りをした。

涼しかったので久しぶりに仏花を供えていると、降っていた雨があがったので、母が止めてくれたんだねぇなど言いながら傘を閉じ、向かう。

 

出演は古今亭文菊、春風亭朝之助、色物はサイレントコメディーのゼロコ。

落語の演目は、朝之助が牛ほめ、文菊が転失気だった。

客席の子どもたちはよく笑った。落語でこんなに笑うんだ、と驚くほど笑う。まわりの子どもたちが笑うためか、娘も普段より更に腹を抱えて笑っていた。劇場が子どもの笑いでいっぱいになると、私はなぜか感激してちょっと涙ぐんでしまった。

 

どれがいちばん面白かったか終演後に尋ねると、娘はゼロコだと答えた。

落語観に行っていちばん面白かったのサイレントって、と呆れつつも、次回のお正月高座も行きたいというので予約を入れる。

 

かようにして、娘の小一の夏休みがようやく終わった。